任意売却相談ガイド 住宅ローン返済ができなくなったらこちらへ

任意売却とは

住宅ローンが返済出来なくなると、自己破産をするしかないと考えがちですが、任意売却するという方法があります。
この制度を利用すると、住宅ローンの融資を受けているにもかかわらず、融資の返済が困難になった人が不動産を処分することができます。

 

不動産購入の場合に、多くの人は住宅ローンなどお金を金融機関から借ります。
住宅ローンを組む際に、金融機関は融資の担保として不動産に抵当権を設定します。
しかし、任意売却で不動産を売るときには抵当権を解除してもらうことが可能です。

 

不動産の売却の際に、必要になってくるのが融資金の返済を済ませることです。
その不動産が住宅ローンの残高よりも高額で買い取ってもらえれば良いのですが、買い取り額が残高を下回る場合、全額の返済はできません。

 

多くの場合、買い取り額が残高を下回る事が多いのですが、このような時に利用したいのが任意売却です。
不動産を売るのに金融機関など(債権者、抵当権者)の合意を得ます。
返済しきれない債務は残したままでも咎められる事はありません。
抵当権を解除してもらえるので、返済しきれなくても良いのです。

 

何らかの事情のせいで住宅ローンなど借入金の返済ができなくなってしまった時に、任意売却は役立ちます。
金融機関は手続きの最後には、担保不動産を差し押さえて不動産の競売の申し立てをします。
競売は債務者が何もしなくても関係なく勝手に進みますが、任意売却の場合は、住宅ローンが返済できなくなった自宅を自らの意思で売却します。
競売と任意売却、どちらの方が良いのかという疑問も出るかも知れませんが、同じ自宅を手放すのなら、任意売却のほうがいいに決まっています。
競売は不可抗力に「自宅を取られる」ことですが、任意売却はローン地獄から抜け出し、人生をリセットするために、前向きに「自宅を売る」ことなのです。